介護はどこで受けられますか。

なるべく通常の生活を維持しながら、介護サービスが提供できるように考えていますので、居室での介護を基本としています。
ただし、居室で介護を受けながらであっても、日常生活を営むことが難しい場合は、主治医の意見をもとに、ご入居者及び身元引受人と協議のうえ、一時介護室の利用及び介護棟への住み替えを提案することがあります。

リハビリテーションの体制はどうなっていますか?

介護認定を受けられた場合、身体機能の維持・向上や介護予防などの支援をいたします。
共用棟内に機能訓練室を設置し、専門スタッフが対応しています。


介護居室への住み替え時に追加の費用はありますか。

基本的に、追加の前払い金などは必要ありません。

2人入居で、いずれか1人が介護棟に住み替えた後、残る1人は一般居室に継続して居住できますか?

継続して居住できます。ただし、管理費は一般居室での2人用の管理費が、一般居室での1人用の管理費と介護居室での1人用の合算となります。


居室内の緊急設備は何がありますか?

居室には、緊急コール(ナースコール)を各室、トイレ、浴室に設置しており、具合が悪くなられたときにご使用いただけます。緊急コールはスタッフルームに直結しており、スタッフが応対します。
また、トイレ前の廊下天井に生活リズムセンサーを設置しており、ご入居者の動きが一定時間ない場合に自動的にスタッフルームに通報いたします。

インターネットは利用できますか?

全ての住戸で利用できます。
利用及び設置に関しましては、スタッフにご相談ください。

居室内で制限されていることはありますか?

  • 危険な物品など、使用・保管すること(銃刀類、爆発物、発火物など)
  • 大重量物品の搬入据付けをすること(大型金庫など)
  • 排水管その他を腐食させる恐れのある液体を流すこと
  • 大音量等で近隣に迷惑を与えること(音響機器、楽器演奏などにて)
  • 動物を飼育すること
  • 事務所としての利用及びその他活動の拠点とすること

食事はどのように提供されますか。

食事は、管理栄養士による献立とし、テーブルまでお食事を運ぶフルサービスを行っています。
体調を崩された場合や、介護認定を受けられ、食堂でのお食事が困難な場合は居室への配膳を行います。

体調がよくない場合の食事はありますか。

医師の処方に基づき、管理栄養士による治療食もご提供しております。ペースト食、ソフト食の対応も行なっております。


生活サービスは、どのようなものがありますか?

  • 来訪者の受付・取次、不在時の伝言
  • 不在時の宅配便の受け取り代行、一時保管
  • 各種サービス、レクリエーション等の受付・案内
  • 特別料理等の食事サービスの予約・変更受付
  • その他日常生活に関する相談事項の受付

同好会やサークル活動はありますか?

囲碁や麻雀、カラオケ等の同好会がございます。

友人や家族を部屋に泊めることはできますか?

所定の様式の届出書をご提出のうえお泊りいただけます。大浴場、食堂もご利用いただけます。

門限はありますか?

  1. 通用口は原則として正面玄関です。毎日午前6時に開錠し、午後10時に施錠します。
  2. 原則、施錠後の出入りは出来ません。施錠後の出入りが必要な場合は、あらかじめ日時等を受付又は、事務所にお申し出ください。
  3. 突発的な事情により、施錠後の出入りが必要になった場合は、建物西側のインターホンにて、施設管理担当者を呼び出してください。